アパレルスタッフ

どのように発展してきているのか

アパレルの派遣というのはショップスタッフから場合によってはパタンナーやデザイナーのような専門職まで多岐に渡ります。専門職は給与が高めの傾向があります。一概にいくらということは言えませんが技術を必要としない職種よりも高いのが一般的です。 ショップスタッフのような場合はアルバイトのような直接雇用とそんなに違いがない場合が多いです。ブランドにもよりますが高級ブランドの方が賃金は高めである場合が多いです。 派遣の場合は給与は派遣会社から出るので選ぶ会社が重要になってきます。アパレル会社と取引が多いところを契約すれば料金も悪くない契約が出来る可能性があります。 初心者であれば1000円前後からで経験者や技術職であれば1500円などの時給でアパレルのしごとにつける可能性があります。

アパレルの派遣の歴史はそんなに古いものではありません。派遣の携帯は1960年代からありましたが当時は専門職で行われることが多く一般的ではありませんでした。 しかし派遣に対する雇用が高まっていたことや働き方の変化や企業側の雇用形態の変化などによって派遣の重要性が上がってきました。 法律の改正によって雇いやすい形になったことや、企業側が正社員よりも安い金額で雇用できるということで1990年代後半からアパレルでも増えてきました。 現在では専門的な技術を持っているから雇われるというよりも、経費削減という目的で雇われる方向になってきています。現在では派遣社員でも正社員並みのスキルを求められる場合もあり重要性が上がっています。