雇用を促進

増えていく障害者雇用

これまで企業は利益を追求することを第一に、効率化という観点からしか物事を判断してきませんでした。そのため、障害者など何らかのハンディを背負っている人にとっては働きにくい環境となっており、障害者雇用は進んでいません。 しかし、今後はそういった効率化の求められる仕事は海外へ発注され、国内で行われる仕事はより高度なものとなっていきます。それは単純に体の機能を使うだけのものではなく、それぞれの個性を生かす働き方へと変わっていくのです。 そこで障害者雇用の可能性が見えてきます。障害があってもある部分においては非常に高度な能力を発揮する方も多いですし、そういった観点から考えると障害者雇用は会社の利益に結びついていきます。こうしたところから障害者雇用が取り入れられていき、障害があっても働きやすい環境になっていく可能性もあるのです。

障害者雇用の促進

最近では、一般的な企業でも障害者雇用に力を入れています。 特に精神的な問題を抱えている人を雇用することによって会社の信頼性を高めたり、障害者雇用を促進することによって機会の均等を推進したりと社会貢献を果たすことができることから、会社も積極的に受け入れることを薦めています。 精神的な問題を抱えている障害者については、特別な雇用枠を設けています。特別な手帳が発行されることから、その特別な手帳を持っている人たちが優先的に雇用されるシステムが精神分野の障害者雇用につながっています。障害者雇用が進んだことによって企業の雇用機会が均等化されることになり、会社の地位を高めたり、信頼を高めたりすることにつながっています。